♪海に連れてって
2017/7/21 23:30
8月になる前に、スタッフのみんなが海に泊まりで行きたい、等と云う訳ですよ。

でスタッフの梢と新アルバイトのあけみが怖がりなんで一寸、脅してやろうと思いまして…

「海に行ったら、海水に浸からなくても、絶対風呂入んなきゃいけないんだぞ」

って云ってやったんです。

「なんでですか?」

って二人とも云うんで、教えてやりましたよ

「海にはな、臭い人大好きな男が棲み付いてるんだよ」

って云ったら…

「海坊主か何かの事?」
ってカナエが云うんで…

「昔な、すんごいクッサイ男がいて、家族からも、友人からも、奥さんからも嫌われるもんだから、悲観して海に身投げしに行ったら…」

 
「五味クリニックに行けば良い」

とかカナエが馬鹿な事を云うんで…(五味クリニックとはワキガ治療の病院の事)
「大昔の中国の話だぞ。…で、海に行ったら、物凄くクッサイ臭いの大好きな男がいて、付き纏われて、大層難渋したそうな…『呂氏春秋』にそう云う話がある」

「それも相当厭だな…」

とカナエが顔を顰め…

梢とあけみもイヤソーな顔をするので…

「ちゃんと撃退法もある!」

って云ってやったんですよ 。

『閲微草堂筆記』『壁の中の顔』って話があって…」
て話しかけたら、相当怖がってる顔をあけみがしたんで嬉しくなりましたね。

「寺で勉強してたら、後ろの壁からデッカイ人間の顔が出て来て…」

と雰囲気を稲川淳二の様に盛り上げつつ…

目が煌々と光ってるんで、肝の座った先生『丁度蝋燭の火が消えそうだったんで助かったよ君』と平然と『顔人間』に話しかけて、壁に背中を向けて、朗々と書物を読み上げ始めたら…『顔人間』はその儘すーーっと壁に戻ってったんだって
もうその時点であけみは相当怖がってる訳ですよ。

撃退法だ、って云ってるのに…

「でな、トイレにまで付いてくる訳。

で、肝の座った先生は平然と用を足しつつ

『海には臭気を好むものがいると聞くが、君もその類いかね?』

って話しかけつつ…

うんこ拭いた紙で口を拭ってやったら、すっと消えて、二度と現れなかったんだってさ

 
「ヤダヤダヤダ! そんな話聴きたくない!」

って、三人とも強烈な拒絶反応を示したんで…

まあ、それで、話はやめましたけどね。

以来、三人とも「海に行きたい」とか云わなくなりましたね。

 
line blog にはこう云う馬鹿な話がいっぱい載ってますが、移植するのが少々難しくてですね…